こんなに怖い睡眠時無呼吸症候群

睡眠時イメージ 睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠の際に断続的に呼吸が止まったり、呼吸が浅くなったりする病気です。およそ8割の方が睡眠時無呼吸症候群、またはその予備軍と言われています。睡眠時無呼吸症候群はさまざまな症状を引き起こします。
① いびきがうるさくなる
② 朝起きると頭痛がする
③ 昼間にとても眠くなる(事故などを引き起こす恐れがあります)
④ 疲れがたまりやすくなり、集中力もなくなる

また、睡眠時無呼吸症候群は長期的に次のような病気を引き起こすともいわれている大変危険な病気です。
①糖尿病
②高血圧
③脳卒中
④心臓病

どうして睡眠時無呼吸症候群になるの?

①肥満のため、首が太くなり気道がふさがれる
②舌が大きいため、のどがふさがれる
③鼻とのどの境にある軟口蓋が垂れ下がっている
④鼻からの空気の通り道が曲がっている
⑤扁桃が大きいため空気が通りにくい

対処方法は?

対処方法は、とにかく睡眠時に空気がしっかり通るようにすることです。マウスピースを作成してかみ合わせを調整し、気道が狭くならないようにする、肥満の方の場合にはダイエットを行う、場合によっては外科的な対応するなど、治療にはさまざまな方法があります。
睡眠時無呼吸症候群の対処法