予防歯科と歯周病

こんにちは。

八千代中央のはんだ歯科半田です。

 

 

久々に歯周病のお話を・・・

歯周病とは、プラーク(歯垢)の中の歯周病菌が歯ぐきに炎症を起こし、

徐々に周りの組織を破壊していく細菌感染症です。

痛みなどの自覚症状がなく、別名サイレント・ディジーズ(静かに進行する病気)と呼ばれています。

進行すると歯を支える骨(歯槽骨)を溶かし、やがて歯が抜けてしまう原因になります。

虫歯と並び、歯周病は歯がなくなる二大症状。

近年の研究により歯周病と全身疾患との関係が明らかになってきました。

予防歯科の大きな目的としてこの歯周病を防ぐことにあります!

皆様も、ご自身では気がつかないけど、歯周病に侵され始めているかも・・・

チェックいたしますので、ご希望のかたはご連絡ください。

 

節分、丸かぶり。

こんにちは。

八千代のはんだ歯科です。

 

今年は、本日が節分です。恵方巻きを食べるのは西南西でお願いします!

節分の起源は鬼払いの宮中行事で、そのひとつが豆まきとして今日まで定着しているとのこと。

季節の変わり目は邪気が入りやすいと考えられ、『鬼(おに)』は、『陰(おん)』に由来し、

目に見えない不吉な出来事を引き起こす原因とされ、『豆』には穀霊が宿った大豆を撒くことによる

『魔滅(まめ)』の意味があるそうです。

 

 

明日は雪?

こんちには。

はんだ歯科、半田です。

最近、ぱんだ先生と呼ばれるようになり、これは苗字が半田というだけではなく、

僕の体系がパンダに近づいたのか?

どうなのでしょうね・・・正月太りもあるから、ダイエットしよっと!

このゆるきゃら名ご存知ですか?

答えは最後記載します。

 

1月は行く

2月は逃げる

3月は去る

今年も、早くも一ヶ月が過ぎようとしています。有意義に過ごせるよう頑張りましょうね。

明日は関東平野にも雪が積もる予報なので、お気をつけください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え:やっち

 

昨日は大寒

おはようございます。

寒いですね~

大寒を過ぎれば春が近づく

と言われてますが、実際に寒いのはこれからですよね~。

寒いけど、元気に過ごしましょう!

 

 

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いいたします。

こんにちは、はんだ歯科です。

年末年始、歯の調子はいかがでしたか?

新年スタートしましたので、歯の健康維持もしっかり行いましょう!

 

口腔ケアの効果についてお話します。

実は、口腔ケアが作用する範囲は、お口の中の問題にとどまりません。

①メンタルへの作用

 (お口の中をサッパリ清潔にすることで、リラクゼーション効果を得られます)

②全身の健康への作用

 (歯周病と全身疾患を始め、口腔と身体との因果関係が多報告されてる)

 

気分もスッキリし、虫歯・歯周病・口臭を防ぎ、その上、全身疾患をも健康にする予防歯科、是非受診を。

メリークリスマス!

街がキラキラしてますね~。

12月も残すところあとわずか・・・

クリスマス準備と年賀状などで、忙しいですよね。

これから大掃除もあるし、体調崩さないでくださいね。

 

        ,
     ☆ 。
  *:  ▲。.:
 .:*▲▲:*:
   ▲▲▲:
.:*▲▲▲▲*:
      || 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

メリークリスマス。良いお年を。

忘年会

こんちには。

はんだ歯科忘年会を昨日行いました。

一年間、お疲れ様です!盛り上がって写真撮るの忘れました・・・

 

ちなみに診療は12/28(日)までとなっております。

年始は1/6(火)~ですので、よろしくお願いいたします。

 

 

 

今日から、年賀はがき受付開始となっております。僕もそろそろやらないと・・・

 

カレンダー

こんにちは。

初雪の便りが聞こえてくるようになりましたね。

12月7日は大雪(たいせつ)、本格的な冬到来ですね。

『冷え』は万病の元ですので、寒さ対策は万全にしてください!

 

来年のカレンダーが出来上がりましたので、ご希望の方は、受付にお申し付けください。

早い者勝ちですよ~。

W流星群

こんにちは。

先日のおうし座&しし座流星群ご覧になりましたか?

あいにくの空模様の地域もあったようですが、僕は暖かい布団の中でした・・・

本格的に朝晩の冷え込みが厳しくなってまいりましたので、風邪など引かないようにお気を付けください。

 

 

長文です。

こんにちは。

最近、歯周病についてブログにアップしてますが、今日は詳しく書かせていただきます。

 

歯周病の原因は、プラーク・歯石・かみ合わせなどの不具合である局所因子、体質・ホルモン分泌異常・糖尿病などの全身因子、タバコ・ストレス・悪習癖などの環境因子があげられます。

健康な口腔内では細菌がバランスを保って存在しています。口腔ケアを怠り、口腔内環境を不衛生にしたままにしておくと・・・

そのバランスが崩れ、病的な細菌構造を形成するようになります。免疫力が低下すると、それらを排除することができず、細菌は口腔組織内に進入し、炎症を引き起こし,その後組織破壊をしていきます。このようにして歯周病が進行します。

重度の歯周病にならないと、自覚症状として現れませんので、ご注意を!

 

さらに歯周病は口腔内問題にとどまらず、全身疾患との相互的な関連性が明らかになってきました。

以前もお話した、心筋梗塞との関係、糖尿病、誤嚥性肺炎、メタボリックシンドローム、骨粗しょう症、腎炎、関節炎など歯周病における全身リスクについてこれからも新たに解明されていくはずです。

つまり、歯周病治療や予防の重要性は今後高まるばかりです。

体内に細菌が侵入する経路はお口を通してがほとんどです。お口の中をキレイにして、歯周病を治療、予防すれば、体内への細菌侵入を防げるのですから、全身疾患の予防につながるのです。

 

健康に過ごすために、定期的に歯科に通い、歯周病予防を身につけていただきたいです。

以上、お付き合いいただきありがとうございます。